孤高のシンガーソングライター

キャラバンというミュージシャンを知っていますか?僕たち八一農園が心を込めて応援している素敵な音楽と紳士な人柄の持ち主です。

寒かった冬にみんなで温床を踏んだり、暑い夏の日にキャベツの定植を手伝ってくれたり、一緒にお米を作ったり、落ち葉拾いをしてくれたりと今では週に幾度となく顔を合わせる八一農園の大切な家族です。

そんな彼が新しいアルバム “Bittersweet Days”をリリースしました。少しだけ長文ですが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

81Farm.Organic / Akila Kinugawa

ほろ苦い日々

photo by Hiroshi Makino

2020年も残すところあと少し。今年はミュージシャンに限らず、誰にとってもその生き方や向き合い方を見つめなおす1年になったかと思います。

僕らは変わらずステイファームな毎日ですが、変化と言えば畑が2反増えた事とキャラバンと一緒に始めた田んぼでのお米作りです。

ライブが出来ずツアーにも出れない、そんな状況の中でも腐らずに焦らずに、まるで醗酵するように。

彼の生業であるライブがことごとくキャンセルとなり、彼もまた行き場のない不安に包まれていきました。

そんな苦しかった日々を過ごし、土に触れ、太陽の下で苗を植え、草を取り、お米を収穫していくまでのプロセスで自分自身をも成長させ、豊かさの本質を体感しながら吸収していく。

そんな逞しさも間近で見てきました。

ずっと近くで見てきた僕たちだから、今ここで皆さんに頭を下げてお願いしたいと思ったのです。

暮らしと向き合い、人生を昇華させて鳴らす新しい音と言葉。”Bittersweet Days”

Caravan / Bittersweet Days 定価3270円 (税抜) 

誰の音楽か分からずに流れ続ける消費するだけの受け身の時代。応援したい音楽や人に出会い、積極的にその音や言葉をよく噛んで自分の糧にしていきたい。芸術に触れるとはそういうものだと僕はそう思っています。

救われたり、癒されたり、気付かされたり、涙が溢れたり、元気が出たり、光を求めている人や、闇を突き抜けたい人だっているこの現実の中

誰もが同じ状況を共有しているからこそ純粋な共感のあるアルバムだと思います。キャラバン自身もそうだったように。きっとあなた自身も。

封を開けるワクワク感。自分の手で音楽を再生させる喜びを。このアルバムを一緒に応援して頂けませんか?

自分の手で音楽を再生させる。土壌や環境の再生も一緒だなと思います。最近は指ばかりが動いて自分の手や体を動かさずとも生きていけるような便利な時代ですが、様々な場面で人間らしさを発揮する必要があるように感じています。

そういう意味でも、みんなにお願いする前に僕たちが真っ先にキャラバンを応援するべきだろうと色々と考えてみました。やれることはシンプルです。

実店舗はありませんが、販売協力店の一つとしてCDを卸して頂くことが可能になったのでまずは八一農園で50枚ほど購入することにしました。

僕らの役目はキャラバンを知らない人やまだ聴いたことがない人たちに一人でも多く届けることだと思うので、僕たちの気持ちとして八一農園から購入をしてくれる方には消費税と送料はこちらの負担でお届けさせていただこうと思っています。

それと、これはお願いというか、提案なのですが

俺も、私も、3枚なら手伝うよ!俺なら、私なら5枚は売れるよ!俺の、私のお店にも少しだけなら!とにかく八一農園を応援するよ!

そんな心強い味方に、3枚以上から八一農園の販売協力として卸価格2600円でお譲りさせていただきます。どうか皆さんの手の届く範囲でご協力いただけないでしょうか?

(販売用のご注文は送料のみ御負担をお願いします。)

誰でも超簡単に応援出来るようなシンプルなご注文フォームを作りました。下記のリンクです。良かったら一度覗いてみてください。

CARAVAN / Bittersweet Days CDご注文フォーム

もちろん1枚からの配送も、畑での手渡しも大歓迎です。DM、メッセージ、愛の援農心よりお待ちしています。

皆さんのお力を是非ともお貸しください!

信頼ある昔ながらの近所の八百屋さんのように顔の見える人たちへと繋いでいく有機農業的な流通スタイル。

大変長くなりましたが最後に

毎日畑にいる僕たちにはこの音楽を届けるのに限界があります。ぜひあなたのお力と信頼を伝って農園の垣根を越えていけたら嬉しいなと思っています。

人と人との距離が遠のいていくソーシャルディスタンスな世の中ですが、これをきっかけに皆さんと積極的に繋がっていけないかな?と思いブログを綴りました。

特に応援しているミュージシャンはいないよ。っていう人はその空いた席を譲っていただけないでしょうか?

そしていつかキャラバンのライブ会場でみなさんと会える日を、このアルバムの歌を日比谷の野音やクラブチッタの新年祭、サムズアップやフロッギーズでみんなで口ずさめる日を僕たちも心待ちにしています。

それまで毎日の食べ物をしっかりと選び、大切な体と健康を維持しながらその時が来るのを楽しみにコツコツと準備しておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。一人でも多くの応援、ご協力をお待ちしています!!

すべてのミュージシャン、すべての表現者に最大の敬意を込めて。

八一農園 衣川 晃 & 木綿

ps
僕たちはすでに全曲歌えます(笑) 

#八一農園 #81farm_organic #Caravan #Bittersweet_Days #愛の援農 #応援連鎖 #有機農業的流通スタイル #まだまだ広がれCARAVAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です